Chomado's Blog
You Are Reading

MacBook Pro が来た

0
日常

MacBook Pro が来た


知人から MacBook Pro (Retina, 13-inch) を譲り受けました。
受け取った時にしたことをメモります。

Spec

Screen Shot 2015-08-08 at 18.57.02
↑ OS を Yosemite にした後で撮ったスクショなので Yosemite になっていますが、最初は Mountain Lion でした

項目
Model MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2013)
Processor 2.6 GHz Intel Core i5
Memory 8 GB 1600 MHz DDR3
Graphics Intel HD Graphics 4000 1024 MB

ちなみに:
今までの自マシンは MacBook Air (13-inch, Mid 2013) でした

Overview

  1. 初期化(工場出荷状態に戻した)
  2. OS を Mountain Lion から Yosemite に。
  3. システムの言語設定を英語に
  4. Turn on iCloud
  5. iBooks で iCloudアカウントでサインインして、この後の多大なインストール待ち時間の間に本を読めるようにする
  6. OS update
  7. Hostname 変えた
  8. Install Xcode
  9. Install Homebrew
  10. Install Google Japanese Input (IME)
  11. IMEの設定(全角スペースは入力できないように、など)

作業中

まず初期化がすごい時間掛かった・・・
マシンを私が受け取った時点で初期化はされていたと思いますが、一応、念のため、もしHDにデータ残ってたら申し訳ないので、HDの中身を空っぽにしたりなどしました。
手順についてはこの記事を見ました。・・・Mac】OS X Yosemite をクリーンインストール(初期化)する方法

それで HD の中身が空っぽになったところで、OSを再インストールしました。
これが5時間くらいかかったかな・・・多分ネット環境のせいです。私は寝ました。

起きたらOS再インストールが終わっていたので、次はiCloudをOnにして、iBooks で、購入済みの本を読めるようにしました。ホモ小説がたくさん本棚に並びます。これで次からの怒涛のインストール祭りの待ち時間も快適に過ごせます。

続いて、App Store を開き、OSアップデートをします。これも1時間くらいかかったかな・・・。私はホモ小説を1冊読み終えました。

次に Xcode インストールです。これは3時間くらい掛かったかな・・・。私はお湯を沸かし、カップヌードルミニを食べてから、ホモ小説を2冊ほど読み終えました。

次に Terminal を開き、OS X用パッケージマネージャーとして大御所の Homebrew をインストールしました。

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Macは最初からRuby入っているんですね。

このインストールは3分くらいで終わりました。とても速い。ホモ小説を読んでいる隙が無い!!

次にGoogle日本語入力(IME)を入れました。

などやっているうちにもう夜8時です・・・

おかしいな・・・今日は漫画の原稿やるつもりだったのに

感想

Retina キレイ過ぐるうううううううううううう
MacBook Pro めっちゃ欲しかってん!!!!!!うひょおおおおおおおおおおおうひょおおおおおおおおおお
日本語キーボードがまだ慣れない(今までも会社でもUSキー配列だった)のですが、がんばる

明日

明日は VM に Windows 10 を入れて Windows のセットアップまでやるつもり


Madoka Chomado (ちょまど)

千代田まどかです。よく「ちょまど」と呼ばれます。Microsoft 社員。文系出身プログラマ兼マンガ家です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。