花粉がつらい& HoloLens + Face APIアプリ作ってた


今日からちょくちょく日記をつけようと思う。
というのも、気づいたらもう2018年の4月だったからだ。私は2014年の3月に大学を卒業したので、社会人になってから4年が経過したことになる。あまりにあっという間であり、なんだかそれ(4年間があっという間に過ぎたこと)がとても勿体ないことのように思えたので、こういう日常を記録したいなあと考えた。


↑ お昼に食べたセット。19階のお気に入りの豆乳バナナスムージーと、バナナと、飲むヨーグルト

お仕事

会議。今日も英語だった。
まず朝の8時に電話会議。日本では早朝8時なんだけど、米国シアトル(マイクロソフト本社のあるところ)では夕方かな。本社の人たちと電話会議。ネイティブの人たち英語速い。語彙も豊富だ。私もあれくらいのレベルになりたい。

その電話会議が終わったら、出社。今日は朝の10時に出社した。
上司との1:1面談。うちの会社では定期的(1週間に1回、もしくは2週間に1回)に上司との1:1面談がある。「最近どう?」から始まる30分間。コミュニケーションが取れて良いことだと思う。
で、その後、今度は日本チームでのミーティング。外国人の人が複数人いるので当然英語!

そのミーティングが終わったら、後の時間は全部プログラミングの時間。私の部署は「コマーシャル・ソフトウェア・エンジニアリング本部」なので、エンジニアリングの場所だから、こういうプログラミングの時間がとても重要。(最高の職場である。)

↓Microsoft HoloLens

来週 HoloLens の案件があるのでずっと HoloLens アプリ作ってた。Azure (MSのクラウドサービス) と HoloLens を繋げる感じのやつ。
練習がてら、昨日は Face API 叩く、人物認識のアプリ作った。 HoloLens で見たら「この人はまどかさんだ」ってラベルが出る。


↑「Suppin Madoka」という名前でラベルを作って学習させたので、 HoloLens ごしに私の顔の上に「Suppin Madoka」とラベルが表示されている。
文字サイズを小さく設定し過ぎて読みづらい

なぜ目元だけ切り取ってあるのかというと、スッピンなので、恥ずかしいので、切った。

ブログサービスどうしよう

でもプラットフォームをこの chomado.com にするか、もしくは別のブログサービスにするかはまだ決めてない。
本当は chomado.com は自分のポートフォリオでありたかったから、こういう「なんでも無い日記」は書くのはやめようとしてたんだけど、まあいいかな。
他のブログサービス候補としては、はてなブログも考えた。あと最近 note とか使われてるよね。あと github.io も良いかな。でもあれは静的なページだけだったよね?動的に生成してくれるようにいじれたりするのかな?もしそうならそれもいいなぁ。
取り敢えずこの自分の場所に書いてみる。何か他に見つけたらそっちに引っ越す。

花粉

何はともあれ花粉が酷い。
私は深夜に2度目が覚めた。鼻水が垂れて頬を流れる不快感に起きたのだ。ガサガサと枕元のティッシュ箱を漁る動きをしているうちに目が覚めてしまった。花粉のせいで睡眠が阻害されている。
聞き及ぶところによると現在ヒノキ花粉が去年の400倍飛散しているらしい。恐ろしい世界だ。

もの凄いことになってる今年のヒノキ花粉!去年の400倍が飛散

ポケットティッシュは一瞬で無くなるので箱ティッシュを携帯しているのだけれど、社内でそんな人間は見たことがない。日本マイクロソフトの廊下ですれ違う人々は皆涼しい顔をして歩いている。彼らのエレベーター内の会話を漏れ聞くと「いやー今日は花粉多いなー」などと話しているが、その声音には余裕が感じられる。私のようにマスクの下が鼻水だらだらで会話の余裕も無いような人間をあまり見ない。皆何故そんな防御力が高いのか。

もちろん私も対策はしている。先月病院に行き花粉症の薬を貰っている。「何が良いですか」と聞かれ、「人気のやつをください」と答えると、その女医さんはいくつか候補を出してくれたが、特にその中の「1日に1回しか飲まなくて良い」というものが私の興味を引いた。ザイザルという名前の薬だ。私はそれを1ヶ月分購入した。

それももう効かなくなった。この大量の花粉の前にはもう無力だった。私は新たな対策を練らなければならない。何かもっと強力な何かをしなければ私は安眠を奪われ昼も会話もできずまた鼻のかみすぎにより鼻血や耳鳴りに苦しみ続けることになる。
私はまた別の病院に赴いた。私は注射が気絶するほど苦手だが、花粉がどうにかなるなら注射も辞さない。もう何でもいい。花粉を止めてくれ。

世の中には花粉症にならない人間がいる。(ならないというわけではなく「まだなってない」らしいが、でも彼らはもう40歳とか50歳なのだ。) あれは実に不思議だ。いったい前世でどんな徳を積んだらああなれるのだろうか。人類として進化している。

まとめ

ぽぽー!


「花粉がつらい& HoloLens + Face APIアプリ作ってた」への17件のフィードバック

  1. 日記拝見しました!

    マイクロソフト素敵な会社ですね!憧れます!!

    花粉症ですが鼻炎薬を試されてみてはいかがですか?僕も毎年花粉症で2週間ほど寝込んでしまうのですが、こまめに鼻炎薬をすることで、花の症状がかなり軽減されました!

    あと、薬についてですが僕はザイザルだと眠気症状が強かったので、フェキソフェナジン (アレグラ)を使っているんですが、しんどい時は頓服的に少し多めに飲んでいます。この薬は副作用も少なく過剰摂取(30錠くらい)の報告例をみたところ特に副作用もなかったようで…(添付文書参照)。一度掛かり付けの医師に相談されてみてはいかがですか?保険適用じゃなくなるかもしれませんが、もしかしたら多めに出してくれるとかしてくれるかもしれません!

    くれぐれも医師に相談してくださいね!!!

    今後のご活躍も楽しみにしています!
    またTwitterとかに動画あげてくださいね!

  2. 生まれて今年で30年。会社の同僚には花粉症で辛いという方がたくさん居ます。兄弟にも花粉症が居ますが、親とか自分はなってないです。
    個人差というか、なる人はなるんですね…。
    辛そうです(>_<)

    会社の方とかは、1日2回飲むのが自分に合ってるって言ってました。飲んですぐは効果がでてないようで、マスクを着けていますが、薬が効いてくるとマスクつけなくても、外を歩けるそうです。
    その方は、イネの花粉症だそうです。
    何の花粉症か、自分にはどの薬が合うのかがわかると多少は良くなるのかもしれません。

    長文失礼しました。花粉症が少しでも軽減されるよう祈っております。

  3. ぽぽー!twitterから来ました!
    都内の大学生です!

    僕も花粉しんどすぎて、マスクのなかが悲惨なことになってますw
    一発で鎮まるようなお薬でてほしいですよね(;_;)

  4. こういうブログもいいですね。
    私は幸いまだ花粉症ではありませんが、お大事に。

  5. 高校生の時からtwitterを拝見させていただいてます!
    情報系の大学の学科に進学できたのでこれから沢山学んでMRデバイスだとか人工知能だとか開発出来たらいいなぁと思ってます!
    これからも色々な情報楽しみにしていますね(*^^*)

  6. 地球儀の所などから考えてみるともう遠くない未来には学校っていう形が変わってる気がするね、先生とかいらなそうだしいい会社だね、楽しそうだしね。
    話は変わるけど花粉症ではレーザーで鼻の粘膜を焼いちゃう治療や舌下に花粉の成分をすーーごく薄めた液を入れて身体をならす方法もあるらしいよ。

  7. 名前と言われると姓名を書いてしまうお年頃なのでしん兄と変えてもらえるとありがたいと思うのです。

  8. ちょまどさん、花粉を直接押さえるわけじゃないけど鼻水吸引すれば楽になりますよ。
    赤ちゃん用の電動鼻水吸引機なのですが、先端をカテーテルに取り替えれば鼻の奥の鼻水まで取れるのでとてもすっきりします。良かったらご購入検討されてみてください。

    ttp://mercipot01.seesaa.net/article/446192773.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。